副作用

MENU

飲む量を守ってるのに副作用が!2つの原因をチェック

副作用

 

レディーズプエラリアは、量を守って飲んでいたら副作用は出ないっていわれています。

 

でも口コミサイトなどを見てみると、少数派なのですが、副作用の症状が出てしまった方がいますね。

 

では、なぜ量を守っているのに副作用が出てしまったのでしょうか?

 

考えられる原因を調べてみました。

 

効きすぎ

 

効きすぎ

 

レディーズプエラリアなどのバストアップサプリは、効果には個人差があるものです。

 

体質によっては、レディーズプエラリアを規定量を守って飲んでも効きすぎてしまう場合があります。

 

プエラリアの影響を受けやすい体質の人は、通常量飲んでも副作用の症状が起きてしまう可能性が高くなるのです。

 

影響を受けやすい

 

効きすぎが原因として考えられる場合は、飲む量を減らしてみるといいでしょう。

 

また、レディーズプエラリアの姉妹版のレディーズプエラリアシスターに変えてみるというのもお勧めです。

 

シスターは、従来のレディーズプエラリアでは効きすぎの人のために作られたサプリメントです。

 

プエラリアの量が半分で価格も安いのでお勧めですよ。

 

もともと女性ホルモン不足ではない

 

女性ホルモン不足

 

もともと女性ホルモンの分泌が十分な方が、レディーズプエラリアを飲むと、エストロゲン過剰になってしまい副作用の症状が出てしまう可能性があります。

 

生理が順調な方、生理痛などのトラブルが一切ない方、更年期障害の症状がない方、普通体型の方が可能性としてあげられます。

 

女性ホルモン不足ではないという方の場合は、レディーズプエラリアを飲むのをやめて生活習慣、食生活を見直すことから始めてみましょう。

 

また、女性ホルモン不足ではないという方も、レディーズプエラリアシスターに切り替えてみるというのも方法の一つになります。

 

シスター

 

規定量を守っても副作用が出てしまう場合は、いずれにしても、エストロゲンが過剰な状態になっていることが考えられます。

 

飲む量を減らす、シスター版に切り替えるなどの工夫をしてみることをお勧めします。

 

体調を見ながら飲み始めることが大切ですよ。

 

レディーズプエラリアが効果なしの人はどうしたらいいの?